酢生姜ダイエット 30代 女性 効果なやり方

酢生姜ダイエットの30代女性の効果的なやり方は?

 

30代になると、20代の頃に比べて「格段に代謝が落ちたなあ」と感じます。

 

同じだけ食べて、同じだけ動いても、身体に蓄積されるモノにはなぜか違いが。確実に蓄積されるものが多くなっていきます。

 

どうせ食べるなら、「ダイエットに役立って身体にも良い」、そういう一石二鳥のモノが良い、30代女性は忙しいんですもの。酢生姜ダイエットはそんな我がままな願いを叶えてくれるものだと実感しています。しかも美味しいんだから、一石三鳥です。

 

作り方も非常に簡単な酢生姜

作り方も、「生姜とお酢を1:1の割合で漬けこむだけ」というシンプルさです。生姜はガリのような薄いスライスでも良いし、みじん切りでも千切りでもお好みで良いようです。お手軽過ぎて素晴らしいです。一石四鳥と言っても過言ではありません。

 

酢生姜ダイエットという名前だけでも、いかにも効きそうで頼もしいです。何しろ、生姜は身体を温める効果抜群で、冷え性解消にもなるし、ダイエットの強い味方と言うのは既に周知の事実ですし、お酢は血液サラサラ効果があって血中の中性脂肪を抑えてくれるのも知られた事実ですから。

 

生姜とお酢、どちらの効果も若い子にも嬉しいでしょうけれど、身体が錆びつき始める30代にはことのほか嬉しいさようです。その二つの成分が一度に取れるのが、酢生姜ダイエットの素晴らしいところではないでしょうか?

 

効果的な実践方法

効果的なやり方は、一気に大量に摂取するのでなく、一日に30g(大匙2杯くらい)を毎日コツコツ摂取することのようです。
私は、大匙1杯ずつに分けて摂っています。

 

朝は、手作りの梅ジュース(お酒がダメで梅酒ではなく梅ジュースを漬けているので)に酢生姜を大匙1杯加えて水で割り、ごくごく飲んでいます。サッパリして、それでいて身体の内側からポーッと温まる感じがとても良いです。

 

夜は、豚の生姜焼きにしてみたり、ドレッシング代わりにサラダに掛けても美味しいです。餃子の時は酢生姜にお醤油を加えてタレになるし、和風ハンバーグにも合います。意外に万能に使えるので、ダイエットと関係なく常備してもいいくらいです。

 

夜に集中して摂取するのも、酢生姜ダイエットの効果的なやり方かもしれません。身体を休める前に摂取すれば、効率的に代謝が上がりそうですね。